F1のシューマッハ氏、スキー事故で重体・日々の出来事・国内・海外・芸能・スポーツ・コンピューターなどいろいろなニュースをお届けします!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

F1のシューマッハ氏、スキー事故で重体


F1元ドライバ-のミハエル・シューマッハが
スキー中に頭を強く打ち、重体となっているそうです。
とても心配です。
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131230-00000927-wsj-int

 自動車レースのフォーミュラ・ワン(F1)の元ドライバ-で7度の年間優勝経験を持つミハエル・シューマッハ氏(44)が29日にフランスの高級リゾート、メリベルでスキー中に頭を強く打ち、重体となっている。

 この事故を担当しているブール・サン・モーリス警察の警官によると、シューマッハ氏は正式なコースを外れて滑走中に崖から落ち、岩に頭をぶつけた。いったんヘリコプターで近くの町ムーチエの病院に運ばれ、後にグルノーブル市内の大病院に移送された。

 グルノーブル病院のジャン・マルク・グルニエール院長によると、シューマッハ氏は「重傷を負い」、病院に運ばれて来たとき「意識がなかった」。「すぐにも脳外科手術を必要とする」状態だったが、その後も「状況は変わっていない」。院長は病院の外でメディアに文書を読み上げた。さらに、22日遅くになっても意識は戻っていなかったと付け加えた。

 警官によると、シューマッハ氏は事故時にヘルメットをかぶっていた。ほかに崖から落ちた人はいない。

 同氏はベネトンとフェラーリに所属していた間にドライバーズチャンピオンを7回獲得、優勝回数は91回と、圧倒的な強さをみせた。06年にいったん引退したが、10年にメルセデスと契約を結んで復帰した。12年のシーズン終了に再び引退を表明した。

 警察筋によると、グルノーブル病院では妻を含む家族が付き添っている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。