田中将、アジア人最高額でヤンキース入り! イチロー&黒田の同僚に・日々の出来事・国内・海外・芸能・スポーツ・コンピューターなどいろいろなニュースをお届けします!

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

田中将、アジア人最高額でヤンキース入り! イチロー&黒田の同僚に


マー君

ヤンキース入り

おめでとう!!

メジャーでも頑張ってね♪
引用:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140123-00000211-mlbjp-base
 東北楽天ゴールデンイーグルスから新ポスティングシステム(入札制度)でのメジャー移籍を目指していた田中将大投手が現地22日、ニューヨーク・ヤンキースと7年総額1億5500万ドル(約161億8000万円)で正式契約を結んだ。田中は4年目の2017年シーズン終了後に契約を破棄してフリーエージェント(FA)になることができる。

 総額1億5500万ドルは、投手としてはメジャー史上5番目の大型契約。クレイトン・カーショー(ドジャース)の2億1500万ドル(約224億5000万円)、ジャスティン・バーランダー(タイガース)の1億8000万ドル(約188億円)、フェリックス・ヘルナンデス(マリナーズ)の1億7500万ドル(約182億8000万円)、C.C.サバシア(ヤンキース)の1億6100万ドル(約168億2000万円)に次ぐ破格のものとなり、このオフに韓国人外野手・秋信守がテキサス・レンジャーズと結んだ1億3000万ドル(約135億8000万円)を上回るアジア人最高額での契約となった。

 田中にはヤンキースのほか、ロサンゼルス・ドジャース、ロサンゼルス・エンゼルス、シカゴ・カブス、シカゴ・ホワイトソックス、ヒューストン・アストロズ、アリゾナ・ダイヤモンドバックスが興味を示していた。また、関係者によれば、最低でも1球団はヤンキースよりも高額のオファーを田中に提示していた可能性があるとのこと。

 田中はサバシア、黒田博樹、イバン・ノバがいる名門ヤンキースの先発ローテーションで2番手、または3番手を任せられる見込みだ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。